ドッキリが見てられない !!共感性羞恥とは?




2016年8月24日放送のマツコ&有吉の怒り新党で、またひとつ自分の事をよく知ることができた。

わさこは昔からドッキリが嫌いで、テレビでドッキリが放送されていたりすると絶対にチャンネルを変えていた。

誰かを怒らせたり、恥をかかせるようなタイプのドッキリが特に苦手。

これはただ単に個人的な趣味嗜好の問題だと考えてたし、誰かに同意を求めることもしなかった。

でも、昨日のマツコ&有吉の怒り新党で、その感情に名前があることを知った。

【共感性羞恥】という心理現象

番組内の視聴者からの投稿では、『「この後、この人は確実に恥をかくだろうな」というシーンを見るのがとにかくいや、一緒に見ている母親に言っても理解してもらえない』という内容。

これにマツコさんはすごく理解を示していた。

見てられないシーンは人それぞれあるようで、マツコさんはドキュメンタリーや2時間ドラマなどで犯人が崖の上に追い詰められるシーンがダメみたい。

この感情にはしっかりと名前がついていて、共感性羞恥というらしい。「ドラマの恥ずかしいシーン」や「他人のミスを目の当たりにした時」に、自分が恥ずかしい思いをした時と脳の同じ部分が働いてあたかも自分の失敗のように感じてしまう現象のことを言うそう。

共感性羞恥なんて言葉、初めて聞いたけど、ドッキリが見てられない原因がわかったのは収穫だった!

 

見ていられないシーンの主な種類としては

  1. 学園ドラマで授業中に居眠りしていて、寝ぼけて「お母さん!」とか言ってしまうようなシーン。
  2. ドラマ「裸の大将」のようなドジな主人公が失敗ばかりしてしまうようなもの。
  3. 時代劇などで悪代官が悪だくみをする場面など。

わさこは上記どれも当てはまらないんだけど、ドッキリだけはほんとイヤ。ただ驚かせるだけのやつなら全然いいんだけど、恥をかかせる、とか勘違いさせて微妙な空気にさせる、とか自分の身内が犯罪を犯して捕まる系のガチだましみたいなやつが無理。

10人中1人の割合で感じる共感性羞恥

番組内のアンケートによると、10~80代の男女500人中、共感性羞恥を経験したことがあると答えたのが10.4%、経験なしが89.6%とのこと。

10人に1人は感じたことあるんだ!

 

「共感性羞恥」って名前からもわかるように、感情移入しやすい人が感じるんだろうな。

わさこも昔から感性が豊かだったし(うるさい)、振り返れば恥ずかしい思いとかピンチな時とかいっぱいあったから、そーいう経験を多くしている人が共感性羞恥という心理現象の経験をしやすいんじゃないかなっていう個人的見解。

 

なんか、ただの面白いバラエティでめっちゃ勉強できてすっごく得した気分。

 

最後に、有吉が共感性羞恥を経験したことあるマツコさんに「じゃあさ、ダチョウ倶楽部の押すなよ!!にもあの人押されちゃうー!!ってなるの?」と突っ込んでたけど、わさこもマツコさん同様に、あれは不思議と初めから見れたわ(笑)