ワーホリで一緒に働いたタイ人の女の子との悲しいエピソード

ワーホリで一緒に働いたタイ人の女の子との悲しいエピソード




わさこがオーストラリアでワーキングホリデーをしていた時の話。

もうかれこれ10年前になる。

 

わさこはゴールドコーストに住んでいて、語学学校で出逢った友人の紹介でタイマッサージを始めた。

オーナーはワーカホリック気味のタイ人女性。お金持ちのオーストラリア人の旦那さんがいて、生活には全く困っていないのだが、タイで10歳くらいから自分でビジネスをやっていたらしく、お金を稼ぐというよりも仕事が大好きな人なのだ。

 

そんな彼女はゴールドコーストに当時3店舗のマッサージ屋さんを経営していた。

そして、そこで働くスタッフはワーキングホリデーに来ている韓国人と日本人の女性達。

タイ人のオーナーなのに何故かタイ人の従業員は雇わないのがポリシーらしかった。

ずっと疑問に思っていたので、ある日その理由を聞いてみた。

すると思ってもみなかった理由を教えてくれたのだ。

 

タイ人のオーナーがタイ人を雇わない理由

彼女はこう言ったのだ。

「タイ人の女の子を雇うとnaughtyなマッサージするからダメなのよー」

【naughty】《形》 1.いたずらな 2.わんぱくな 3.やんちゃな

つまり、いやらしいマッサージをしちゃうってことらしい。

なんと!まぁ!!なんて言っていいのやら……。

外国でこそ、同じ出身国の人に親近感を覚えるのが普通だと思っていたわさこは、また別の視点を学んだのだった。

 

そんな中、お掃除スタッフとしてタイ人の女の子が雇われる

そんな理念がありながらも、ある日タイ人の女の子が雇われることになる。

当時彼女の経営していたマッサージ店は流行っていて、猫の手も借りたいくらいの忙しさだったのだ。

雇われたタイ人の女の子は、基本は掃除をしてくれるスタッフなのだが、どうしてもマッサージスタッフの人数が足りない時のみ、マッサージをさせてもらえるという条件で働く契約を交わしたようだ。

とても人当たりのいい女の子で、性格の良さが所作の随所から見受けられる子だった。

 

ある日、お店のお金がなくなる

ある日、マッサージ店のレジからお釣り用に入れてあったお金が紛失した。

誰一人、誰が怪しいとは言わなかったが、オーナーはじめみんながタイ人の女の子を疑っているのは明白だった。

その子は自分が疑われているのを雰囲気で感じ取り、身の潔白を証明するためにそこを去った。

手紙を置いて。

 

その手紙には「まだ支払われていない分の給料は、わさこと○○(もう一人の日本人スタッフ)にあげてください。」と書かれていた。

わさこはそれを聞いた時に、生まれて初めての感情で胸がつぶされそうだった。

 

わさこは。彼女を疑った。

タイ人、というだけで。

彼女はとってもいい子だった。なんでタイ人というだけで判断してしまった?

そもそも私はタイ人の一般的な性格を知らない。

普通に考えればタイ人にだっていい人はたくさんいるだろうし、日本人にだって悪い人はたくさんいる。

国籍や肌の色なんて関係ない。その人間一人ひとりの個性と性格を見るべきだ。

なのに人から言われた事を鵜呑みにしてしまった。

自分の心で何が正しいのか、何を信じるのか判断しなかった。

 

なのに。なのに彼女はわさこにお金を託した。疑われていると思わずに、わさこは信じてくれているってあの子は信じてくれたんだ。

なのに。わさこは。

 

この出来事は今思い返しても胸が苦しくなる。

それを機にわさこは自分の目を信じることにした。

自分の目で耳で見て聴いて、感じた事を経験を踏まえて判断することにした。

 

 

今あの子はどこにいるんだろう。

きれいごとは言いたくないけど、心の中で言うよ。

本当にごめんなさい。そして、大切な事に気づかせてくれて本当にありがとう。