生後5ヵ月、母乳激減からの起死回生。大豆が効いたー!




どうも。わさこ(@wasako07)です。

息子君が生まれて5ヵ月。

母乳にお風呂上がりのミルクを一度足す混合で育てている。

初めてのことだらけで日々戸惑いながらも、少しずつ育児を楽しめるようになってきた。

図書館で絵本を借りて絵本を読んであげたり、毎日出来ることが増えていく息子君を微笑ましく見ている。

2ヵ月頃に来てもらった赤ちゃん訪問でも、もうミルク足さなくてもいいですね、と助産師さんにお墨付きをもらえていたのが一転、少しずつ母乳が減っていく。

わさこは妊娠期から葉酸のサプリを摂り、産後からは病院に来ていた製薬会社の人にDHAを摂った方がいいと言われ、おすすめのビーンスタークのDHAを摂っている。

葉酸は産後も続けた方がいいと聞いて、DHAと共に今も摂っているけどせっかく摂った栄養も母乳が作られないと届けられない!

[itemlink post_id=”1958″] [itemlink post_id=”1957″]

少しずつ張らなくなってきたおっぱい

里帰り出産だったわさこは産後2ヶ月、実家の母の栄養たっぷりのご飯で母乳が出るように食事のお世話をしてもらっていた。

里帰りから東京に戻り、初めての子育てがスタート。

当たり前だが、これからは全て自分でやらなきゃいけない。

食事や掃除洗濯、日々の雑務を息子君のお世話をしながら平行してやっていると、いつの間にか時間はあっという間に過ぎていて気付けばお昼ご飯を食べず午後2時、3時ということも。

東京に戻ったばかりの時はそんな生活でも朝ご飯と夜ご飯、水分を摂っていれば数時間すればおっぱいはカチカチになるくらいに張っていた。

そんな自分のおっぱいを過信し過ぎ、お昼ご飯を抜いたり、甘いものを食べたりしていた。

生後2ヵ月頃までは順調に減り続けていたわさこの体重も落ちなくなり、食事を少し減らしたことも影響していたのか。

5ヵ月になるかならないかの時、昼間明らかにおっぱいが張らず、授乳しても出ていないようで息子君はぎゃん泣き。

仕方なくミルクを足したのだが、ここ数ヶ月お風呂の後のミルク一回だけで後は母乳だけで育てていたので、ショックだった。

そんなことが2日程続き、このままじゃまずいぞ。と試行錯誤を始める。

ご飯、水分、それでも張らない乳

ネットで調べると、母乳は血液だから血を作る米をよく食べるように。出来れば毎食ご飯2膳は食べること、というのを読み実践。

少しは改善された感じはあるものの体重が増えた割にはおっぱいに還元されていないような…。

水分をたくさん摂るように朝いちばんで1.5リットルくらいルイボスティーを作り、一日かけて飲んだり。ルイボスティー以外にも牛乳や炭酸水などで水分は摂っている為、総量は2リットル以上。

それでもおしっこになってしまって、おっぱいが激的に張ってきた感じもなかった。

それが、ある日偶然に起死回生の食材を見つけたのだ。

[itemlink post_id=”1960″]

”大豆はおっぱいを大きくするのに役立つ”は本当だった

日々の雑務と育児に忙殺されながら過ごしていた毎日。

ある日、おなかが空いたが冷蔵庫が空っぽ、あるのは大豆の水煮と豆乳だけ、ということが。

その日はどうしても自分一人の為に何か料理して作る、という気になれず、ズボラなわさこは大豆の水煮をそのまま一袋調味料もなしにぱくぱくと食べた。

大豆の水煮一袋と豆乳をコップ一杯飲んで、お昼ご飯とした。

すると、いつもは夕方頃になると日中散々授乳したおっぱいはへにゃへにゃになっているのに、その日は満ちている感じがする。

心当たりはお昼に食べた大豆の水煮と豆乳しかない。

…大豆か!!おっぱいを作るには大豆なのか!!!

[itemlink post_id=”1962″]

それから嘘みたいに張り始めたおっぱい

その日を境にまたおっぱいチャージ力が上がったのか、普通の食事でもおっぱいが出るようになってきた。

昨日なんか、授乳中ふと口を離した息子君、ぴゅーっと噴き出したおっぱいが顔にかかるくらい。

ぴゅーっと出ることなんてここ2か月くらいなかったので本当に驚いた。

みなさんも試されたし!大豆パワー!!