乳酸菌爆発 !納豆、キムチ、たまねぎ、味噌を混ぜるだけ!




 

何年も前に何かのテレビで見たことを今も覚えている。

それは、納豆とキムチを食べる前の晩に混ぜておいて翌朝食べると乳酸菌がめちゃくちゃ増えているっていう事。

 

最近、わさこは季節の変わり目が原因か、はたまた純粋に酒の飲み過ぎが原因か肌荒れがひどくって、食事に気を遣おうかなと思っている。

旦那わさおくんも、デフォルトで腹が弱く、大体毎日ぴーぴー。

わさおくんの健康も、わさこ自身の健康も気遣う為に、やっぱり内臓からきれいにしてかないとなと思っている今日この頃なのです。

そう思うと、やっぱり内臓からデトックスなり腸内環境改善なりしてかないとなって思うよね。乳酸菌だよね。ってことなんだす。

そんな事を考えていたら、ふと何年も前にテレビで見た、食べる前日に納豆とキムチを混ぜるとすごくいいってことを思い出したのだ。

 

わさこはマメじゃないし、なんだったら超O型気質のがさつ女子なので、前の夜に朝ごはんの準備なんてほぼしない。

でも、肌荒れもひどいし、体に現れているってことは根っこ=体内に何か不具合が起こっているという事だ。これを機にやってみようと思い立った次第であります。

納豆+キムチ+○○○?

わさこのおぼろげな記憶だと納豆とキムチを混ぜると乳酸菌倍増ってことだったんだけど、ネットで調べてみると、そこにたまねぎが加わっている情報もある。

 

まずは納豆とキムチの関係性について。

納豆は納豆菌、キムチには乳酸菌が多く含まれる。

納豆菌は腸内の悪玉菌を減らす効果があり、乳酸菌が増える為のエサにもなる。

乳酸菌はご存知の通り、腸に働きかけ善玉菌を増やす役割をする。

その二つを混ぜることによって乳酸菌がさらに倍増するらしい。

悪いやつをやっつける納豆菌と、いいやつを増やす乳酸菌。

個々でも能力を発揮するんだけど、二人がタッグを組むことによってさらなる相乗効果が期待出来るってこと。

 

たまねぎはというと、乳酸菌のひとつであるビフィズス菌を増殖する為のオリゴ糖が豊富に含まれている為に、一緒に摂ると更なる整腸効果が期待出来る。

この、乳酸菌、納豆菌、オリゴ糖をそれぞれ含むキムチ、納豆、たまねぎ。

こいつらが組んだらそりゃ健康にならないわけがない。

 

更なる+α、味噌で最強に。

わさこの出身、北海道ではよく食べられるねぎ味噌納豆。

何のことはない、長ネギをみじん切りにして薬味として混ぜ、醤油やタレの代わりに味噌で食べる。

今晩も早速明日の朝ごはんの為に、キムチを食べやすいように細かく刻んで、納豆と混ぜておいた。

明日にはどうなっているかわからないけど、とにかくたくさんの乳酸菌をとって美少女になるため、日々精進いたします。