断捨離で処分したものと得たもの【2019年春】

断捨離で処分したものと得たもの【2019年春】




こんにちは。 わさこ(@wasako07)です。

2019年の最初の断捨離をまるまる3月の一か月をかけてじっくりと行ってきました。

今まで何度も断捨離をしたことはありましたが、今回の断捨離はその時初めて読んだ「エッセンシャル思考」という本に影響されたこともあり、究極に減らすことを目標に 今まで「ま、いっか」と保留していたものなども徹底的に断捨離してみよう、と思い実践しました。

今回の断捨離で処分したものと得たものについてお話したいと思います。

それでは「断捨離で処分したものと得たもの【2019年春】」、いってみましょう!

断捨離で処分したもの

今回断捨離で処分したものは大きく分けて3つ。

物、デジタル、マインド。

それぞれが以下。

断捨離と言えばやはり、生活空間を圧迫する不要物が代表。

今回は今までの断捨離でも生き残ってきた物も処分することが出来たのでかなり部屋の中、収納の中がスッキリした。

そんな中、たくさんの物を断捨離していく上で気付きがあった。

それは捨てられない理由がわさこの場合4つに分けられるということ。

断捨離で処分した物の属性

  • もったいない
  • 人からもらったものだから
  • いつか使うかもしれない
  • 自己実現欲求の反映

断捨離で実際に処分した物

  • フォトフレーム
  • 整体枕の調整パッド
  • ラグマット
  • 読まない本
  • 母乳パッド
  • つかわない小鍋
  • テーブル
  • おしりふきウォーマー
  • ぬいぐるみ
  • 食器
  • お食い初めの食器セット
  • コーヒーメーカー
  • 取説
  • マルチカバー
  • 様々な書類
  • ウクレレ
  • クラフト系の材料
  • 塗装用のはけ・カラースプレー・ペンキ
  • 塗り絵
  • 使っていない充電器やコードなど
  • 細々したガラクタ
  • 電子辞書

今回の断捨離はクラフト系の材料を友人のこどもに譲った以外は、すべて掲示板アプリのジモティーを利用し、必要としている人に引き取ってもらった。

ジモティーを利用するメリットについては断捨離するならジモティーで!おすすめする5つの理由で紹介しているので興味があったら見てみてね♪

デジタル

  • 写真
  • メール
  • メルマガ
  • データ
  • アプリ
  • ブックマーク

写真はスマホに残っている写真データ。要るものと要らないものを取捨選択して、要るものはクラウドに移して、スマホから出来る限りの写真データを削除。

可愛い我が子の写真は同じようなアングルで何枚も撮ったものなんかも削除できず、厳しい戦いだった。

マインド

物やデジタルのあらゆる不要なものを断捨離することによって、固執していたマインドも手放すことができたように思う。

断捨離で得たもの

安定したメンタル

ものと一緒に雑念が断捨離され心の余白ができた。
目に入ると気が散るものがない。
物が減ったことによって物理的に視界に入るものも少なくなったし、目に入る家の中が整理整頓されていると不思議と心まで同じように整理整頓されたような気持になって気分がよい。

焦らなくなった。
  いつも何かに焦っていて、たくさんやらなくちゃいけないことがあるのに何から手をつけていいかわからず結局何もできず、更に無駄な焦燥感を抱えていたのが、TO DOの数が減ったことにより、やるべきことがクリアになった

安定したメンタルに基づく家事力

雑念がなくなり、心の余白ができたことで、あれやらなきゃこれやらなきゃとあっちゃこっちゃ行ってた意識がいまここに戻ってきて目の前の出来事に集中できるようになった。
今までなんとなくすぐに取り掛かれなかった食器洗いや掃除も、今振り返ってみると不要なものがたくさんあることによって気が散っていたからなのかなと感じる。
でも、これは性格上のことなのかもしれないので一概には言えないかもしれないけど、家事をしっかりこなせるようになった。

断捨離で処分したものと得たものまとめ

そういうわけで2019年春の断捨離によってかなり日常のあらゆる作業のパフォーマンスが上がった。

今までやってきた断捨離はただのスタート地点でしかなかったんだな、と改めて感じた。

究極にものと向き合い、厳しい取捨選択をすることによって得られた快適さはこれからの人生を豊かにしてくれるだろうな。

最後までお読みいただきましてありがとうございました♪