保証期間外のベビーカー 修理に出せない時自分で出来ること

保証期間外のベビーカー 修理に出せない時自分で出来ること




妹からもらったお下がりのピジョンのベビーカーを最近ようやく使い始めました。

どうも。わさこ(@wasako07)です。

今までは抱っこひもでおでかけしてたのですが、いよいよ重くなってきた息子君を長時間抱っこするのもしんどくなってきたので汗

初めてベビーカーをつかうので、他のものとは比べられないのですが、なんとなく違和感がありました。

それは押すのってけっこう疲れるなー、ということ。

そして何となくまっすぐ押すのが難しい…

のちに、あ、なんかこのベビーカーあんまり調子良くないのかも、ということに気付きました。

車輪を調べてみると不具合を発見。

4つの足にそれぞれ2つの車輪がついていて、4組の車輪のうち1組だけが車輪が独立して回らない。

1つの車輪を回すともう一方の車輪も少し回ってしまう。

一緒に動くのと、独立して動くのはどちらが正常なのかわからないけれど、他と違う動きをしているこの車輪が不具合の原因のような気がする。

有償でもいいから修理に出そうと思い、ピジョンのお客様相談室に電話をしてみました。

このベビーカーをくれた妹のこどもはもうすぐ6歳。

かなり前に購入されているものの為、保証期間はきっと終わっているはず。

ピジョンお客様相談室へ電話

ピジョンのホームページに載っているお客様相談室への連絡先を見つけ、さっそく電話してみました。

型番を聞かれるもどこに書かれているかわからず、探しに探してやっと発見。

わさこのおさがりベビーカーの型番は後ろの車輪2組をつないでいるフレームにシールが貼ってありました。

スマイルドット、担当の方に伝えると、その型番は既に廃盤になっており、部品自体も在庫がないため修理は不可能と。

がっかり…。

しかししょうがないのでお礼を言って電話を切った。

自分で出来ることがないかお客様相談室に聞いてみる

電話を切ってから、「自分でできることあるかも…。聞いとけばよかった!!!」と思い後悔。

ベビーカーそのものがボロボロであれば、買い替えるという選択肢もあるものの、それ以外はカバーやシート自体も綺麗なのでとてももったいない。

部品などはドライバーなどで分解できるようなものではない為、自分で部品交換したりは出来なさそうだけど、何かまだ出来ることがあるかもしれない!

厚かましいとは思いながらもう一度電話。

声から先ほど出てくれた方だとわかったので、「先ほど電話した者ですが、車輪がこういった状態なんですが、何か自分で出来ることがないかと思いまして…」と伝えると、シリコンスプレーを車輪の可動部分にしてみたらもしかしたらよくなるかもしれない、とのこと。

シリコンスプレーとは?車輪にスプレーするだけで驚きの効果!

シリコンスプレー、わさこは初めて聞いたワードだが自転車にさす油のような役割をするものだとなんとなく想像がつく。


素材表面に耐熱性にすぐれたシリコーン被膜を形成し、滑りをよくします。
無溶剤タイプなので、金属のほか、ゴム、プラスチック、木、紙などにも使用できます。
潤滑だけでなく、離型、ツヤ出し、防水効果もあります。
あらかじめスプレーしておくと、迷惑なシールやチラシが簡単にはがせます。
用途
自動車やオートバイ、自転車、機械、工具類、建具、家具類、ファスナーなどの潤滑、ツヤ出し、防水。
金型の離型、シール類の接着防止。

引用:モノタロウ ホームページ

なんだかいろんなものに使えるんだな…。

そう言えばうちにも旦那わさお君がよくつかっているスプレーがあるはず…。

見つけたスプレーで4組8つのタイヤが回転する部分にスプレー、そして前輪二組は方向転換するために回る部分もあるのでそこにもスプレー。

いざベビーカーをつかってみよう!

すごい!今まで押すのが疲れると思っていたのは単に潤滑剤が切れてぎすぎすしていたからなんだとわかりました。

[itemlink post_id=”2540″]

まとめ

以上、【 保証期間外のベビーカー 修理に出せない時自分で出来ること 】でした!