かゆいところに手が届く、もらって嬉しい出産祝い7選

かゆいところに手が届く!喜ばれる出産祝い




どうも。わさこ(@wasako07)です。

35歳を過ぎてから第一子を出産したわさこ。

わさこ自身も過去にたくさん出産祝いを送ってきたが、子がいなかったわさこは毎回何がいいのかとても迷い、結局無難なものをプレゼントしてきた。

もらう側となってみて、もらって嬉しかったものや、自分で買って使ってみて出産祝いにおすすめしたい!というものを紹介させていただこうと思います。

[toc]

かゆいところに手が届く、もらって嬉しい出産祝い7選

もちろん何をもらっても嬉しいし、ありがたい。

しかり産んでみて初めてわかる便利アイテムなんかもあり、かゆいところに手が届くような出産祝いをもらうと「さすがっす!センパイ!!」と感動せずにはいられないのだ。

1. おむつストッカー

かゆいところに手が届く、もらって嬉しい出産祝い7選

息子君が3か月くらいの時に自分で買ったけど、これは最初から準備しておけばよかったと思うくらい本当に便利で使い勝手がいい。

何よりデザインが赤ちゃん赤ちゃんしてないので、インテリアを邪魔しない。

そして内側の仕切りを自分好みにカスタマイズできるのがいい。

赤ちゃんのお世話グッズって本当に細々したものが多くて、ズボラなわさこは、あれ爪切りハサミどこやったっけ?体温計は???と探し回ることが多かった。

けど、このおむつストッカーを買って全てが解決。

寝室とリビングを移動するときもこのおむつストッカーひとつを持ち運べば、必要なものは全て入っているから何度も往復することもない。

車で旅行に行くときなんかもこれ一つ持てば鞄に入れなおして、かつ何か入れ忘れた!!ということもないので本当に便利で重宝している。

仕切りはカスタマイズも出来るし、もちろんすべて取り外せるのでおむつが取れた後もおもちゃ入れや、赤ちゃん以外の収納につかっても何の違和感もない。

値段も手ごろで、お安く喜ばれる出産祝いを送りたい人にはおすすめ。

[itemlink post_id=”1971″]

2. エイデンアンドアネイ – くまのプーさんのスワドル(おくるみ)

こちらは息子君の性別がわかる前に、気の早い友人からいただいた出産祝い。

エイデンアンドアネイのおくるみは子を持つ親なら誰しもが知っている、おくるみ市場のシェア大半がエイデンアンドアネイではないか、というくらいの人気商品。

かゆいところに手が届く、もらって嬉しい出産祝い7選

モスリンコットンという生地で、とっても手触りがよく、軽い。

わさこはいただいて初めて知ったが、このおくるみの汎用性の高さよ!

おくるみとして、チャイルドシートの日除け、授乳ケープ代わり、お昼寝の肌掛け、と本当に何にでもつかえる。

エイデンアンドアネイのおくるみはたくさんデザインがあって選ぶのも楽しいが、デザインの好みもある。

性別がわからない時にくまのプーさんのおくるみは男の子でも女の子でも気にせず贈れてよい。

[itemlink post_id=”1977″]

3. 小さなおもちゃ(ファーストトイ)

出産してみてわかった、もらって嬉しい出産祝い10選

出産準備の段階でおもちゃをひとつも買っていなかったわさこ。

第一子であればそういう家庭も多いのではないかと思う。

そんな中、出産祝いにいただいたタオルセットについていた小さなおもちゃが思いのほか重宝した。

小さくて音が出て、色がはっきりしているものがおすすめ。

白いぞうさんのラトルは最初見えていないようだったけど、青い方は見えているようでよく反応していた。

どちらも握るのが難しく、遊べるようになるまで少し時間がかかったが、リングのおもちゃは細さもちょうどよくかなり早い段階から握ってじゃらじゃらして遊んでいた。

[itemlink post_id=”1979″]

4. ジャンプスーツやスリーパー、おでかけケープ(ポンチョ)

わさこの息子君は夏生まれの為、防寒着やあったかアイテムなどは出産準備の段階では用意していなかったので、初めての冬を迎える時に使えるおでかけ用のジャンプスーツやポンチョはかなりありがたかった。

かゆいところに手が届く、もらって嬉しい出産祝い7選

自分では選ばない派手めなデザインのジャンプスーツもプレゼントならではな感じがしてテンションがあがった。

ポンチョはちょっとした外出にささっと着せられて、とても使えるアイテム。

出産してみてわかった、もらって嬉しい出産祝い10選

腕の部分もボタンで止められるのではだける事もない。

何よりも赤ちゃんにこのポンチョの形って最強に萌える組み合わせ。

[itemlink post_id=”1982″]

スリーパーは寝るときに使うはだけ防止の、着る肌掛けのようなもの。大きめをプレゼントすれば長く使えるので嬉しい。

それにしても、出産前には知らなかったベビー用品の用語の多さ。

ジャンプスーツやスリーパー、スワドル、カバーオール。

全部初めて知った。横文字!!!

5. 気はちと早いが、成長への願いも込めて図鑑

まだ目も見えないうちから図鑑、と思ってしまうが成長への願いを込めた出産祝いとしてどうだろうか。

[itemlink post_id=”2017″]

この図鑑はかなり評判が高く、日経新聞などでもとりあげられている。

美しいレイアウトと写真にこだわられており、大人でも充分楽しめる。

絵本などに興味を持ち始める5~6か月頃から一緒に「これは○○だね~」とコミュニケーションツールとしてもよさそうだ。

6. サブのだっこ(おんぶ)紐として、かさばらないへこ帯

昔ながらのだっこ紐。

こちらは友人が使っていて、いいなと思ったアイテム。基本長い一本の布なので最近の抱っこひものようにかさばらずに軽い。

巻き方が何通りもあるので新生児から使えるかなりの優れもの。

おんぶにだっこ、だっこも足をぶらぶらさせる巻き方から、全て包む巻き方などたくさんある。

出産祝いとしてもかぶりにくいので人とは違うものを、と思っている方におすすめ。

[itemlink post_id=”1984″]

7. モビール

実用的ではないけれど、赤ちゃんを迎える気持ちを高めてくれるプレゼント。

最近は可愛いのがたくさんあって選ぶのにとても迷う。

デザインによっては赤ちゃん赤ちゃんし過ぎず、インテリアと調和するものもたくさんあるので、贈る方のお部屋の雰囲気を知っていると選びやすいかと。

[itemlink post_id=”1986″]

まとめ

かゆいところに手が届く、もらって嬉しい出産祝い7選、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

出産祝いはもらうのも、あげるのも楽しみたいですね!

買うばかりではなく、もちろん手作りのプレゼントという手も。

飲むヨーグルトの空きボトルを活用!おすすめの手作りおもちゃも読んでみてください!