ブステレビ -AbemaTVにハマる3つの理由




ブステレビ 、みなさん見たことはあるだろうか。

どうも。わさこ(@wasako07)です。

AbemaTVのバラエティー番組でおぎやはぎがMCをつとめるブステレビ。

妊娠中にドはまりしてしまった。

個性的な“ブス”達が赤裸々に自身の恋愛体験や様々な体験を語ってくれる。

その他にもブスのあるあるエピソードや、美人ゲストとの対比も面白い。

最初は暇潰し程度に見ていたのがいつの間にかどハマりして毎週楽しみにして見ている。

ブスは見飽きない、というのはあながち間違いではない

出演者は芸人や、役者など業界の人が多い印象だが、番組内で出演者募集もしていて、それに応募してきた一般人のブス達も出演する。

出演者は一定のレギュラーメンバーが入れ替わる形で構成されているが、たまに新人が入ってくることで飽きさせない。

見慣れたレギュラーのブス達もそれぞれに個性があって、知れば知るほどにみんなの面白さが滲み出てくる。

見慣れると可愛く見えてくるほどだ。

みんなブスを自覚していて、三周くらい回って明るい。ネガティブだと見ていても嫌な気持ちになるだけだが、みんな明るくブスエピソードを話してくれるので明日への活力になる。

ブステレビの視聴者ターゲットはどこなんだろう?

ふと思う。わさこはブステレビ大好きで毎週楽しみにしてるけど、どーいう層が見てるんだろう?

男性は言わずもがな、見るなら美人の出ている番組を見たいと思うのではないか。

果たして男性はブステレビに興味あるんだろうか?

中村静香ちゃんをはじめとした美人ゲストを楽しみに見ている男性はいそうだけど、番組の大半はブスを映しているわけだからなー。

結局ブスに共感できて、ブスあるあるエピソードにそうだよねそうだよね!って見れるブス達が楽しめる番組なのかもしれない。

わさこも例に漏れずその内の1人なのだ。

調べてみるとブステレビは“ブスの、ブスによる、ブスのための番組”というコンセプトのようだ。

なるほど。納得納得。

ブスをこき下ろす街頭インタビューがエグい

回ごとに“◯◯なブス”のようにテーマに沿ったエピソードを街頭インタビューするコーナーがあるのだが、毎回毎回男女問わずインタビューを受けている人達のブスに対してのこき下ろし方がエグい。

もちろん番組の主旨があるから、ある程度の演出というかインタビューの受け答え指導があるんだとは思うんだけど、罵詈雑言といっても過言でないレベルのエピソードを聞くとなかなかグッと来るものがある。

インタビューされている人達はいつも顔から下だけしか映されないので、ブスをこき下ろす人達はどんな素晴らしいご尊顔をお持ちなのかと興味がある。

わさこはブス側からブス達をかばう視線で番組を見ている。

個性的なブスメンバーのそれぞれのキャラが最高

ブステレビの何よりの魅力はよりどりみどりのいろんなタイプのブス達がいること。

ブスの程度も一見可愛く見えるブスから世界のブスと呼ばれるブスまで様々。

ブスメンバーは大きく分けて二つに分類されるようだ。

処女系ブスと遊び人系ブス。

前者は男性に対する憧れや妄想が強く、後者はかなりストライクゾーン広めで貪り食っているようだ。

妄想話を聞くのも遊び人エピソードを聞くのもどちらも楽しい。

ブステレビの主要メンバーをまとめてみた

かなりキャラの濃いブスメンバー達。

主要メンバーをまとめてみた。

妄想処女でかいブスあみちゃん

わさこはブスメンバーの中で一番好きなのはダントツでかいブス妄想好き処女のあみちゃんだ。

普段は芸人でポンループという男女コンビを組んでいるらしい。詳しくはこちら

まだネタは見たことはない。

最初見たときはドランクドラゴンの鈴木にしか見えなくて衝撃を受けたが、見慣れていくにつれてキャラがめちゃくちゃよくて大好きになってしまった。

妄想トークや、宇佐さんという鬼絡みにくい強烈キャラとの応酬が最高だし、あの不満を言うときのちょっと裏返る声とか「~~なんすよ~」という独特の話し方も憎めなくてよい。

処女卒業おめでとうモリィ

とてつもなく奇抜な服装をしているモリィ。超おしゃれな個性派。

数か月前に初めての彼氏が出来て、処女を卒業した。

ブステレビ#80では再現VTRが本人出演のもと放送された。

すごく性格がよさそうなのがよい。

すぐに吐いちゃう系女子、河合亜由子ちゃん

女優の河合亜由子ちゃんは、おっとりした可愛い声の女の子。

眠そうな目とおっとりした話し方なのに下ネタもしっかり話せる面白い女子。

ワンチャン狙いの土佐犬

土佐犬は見た目とは裏腹にかなり経験人数が多いらしい。

性格が究極にブスな宇佐麻衣

宇佐さんは見た目は別にそこまでのブスではないが、番組を数回見ればわかる性格の悪さ。

他の人の発言中に毎回、空気を読まずに「あんたブスだもんね!!!」と割り込む信じられないくらいの性格ブスなのだ。

ブステレビ用のビジネス性格ブスなのかはわからないけれども、普段はそこそこ仕事の出来る営業職の一般人らしい。

謎のウサギのぬいぐるみを大事にしている。露出高め。バリカタの針金髪。

幸薄昔遊んでた系女子、ホンコンさん

ホンコンというニックネームはもちろん、あのホンコンさんに似ているからだと思う。

処女らしいが、昔遊んでたエピソードを良く披露してくれる。

ブステレビのラスボス、八つ橋てまりさん

ド級に明るい、キングオブブスの八つ橋てまりさん。

ブステレビのラスボス、親分的な存在感を放つ。

八つ橋てまりさんのブログはこちら

性欲おばさん、関谷友美さん

絶妙な服のダサさと、近所の人のいいおばさん感に親近感を覚える

 

ブステレビにハマる3つの理由

深夜に見るにはちょうどいい感じの内容。ブスメンバーの赤裸々エピソードもかなり過激なものもあり、尖ってていい。

“ブス”と名がつく番組に堂々と出ているだけあってメンタルが強く、キャラが立っていて面白い人達ばかり!

司会のおぎやはぎのブスいじりも愛があってよい。

まとめ

ブステレビ、見る人を選ぶ番組なのかもしれない。

しかし、ブス寄りであれば共感できるし、明るく生きるブスメンバーを見ると元気になってくる。

日本の灯りだ、彼女達は。

みんなも見よう!ブステレビ!!

AbemaTVの公式サイトはこちらから